コスモプラネタリウム渋谷

【番組案内】「BILLION SUNS-星空3次元マップをつくれ-」(2016年7月16日投影開始)

人間が星までの距離を測る事ができるようになったのは、わずか200年ほど前のことです。
10億個の星の位置を調べるという最新のプロジェクトが完成すれば、天の川銀河のとても詳しい三次元地図ができます。
これにより天の川銀河の未来がどうなってゆくのかがわかるようになるだろうと期待されています。 
美しいグラフィックで描かれた星や星雲などを巡りながら、ユーモアあふれるアニメーションとともに、人々が宇宙をどのように考えてきたのかを楽しくたどります。

※投影時刻および投影曜日は下記関連リンク【投影スケジュール】をご覧ください。

BILLION SUNS                 配給:五藤光学研究所             Ⓒ2015 All rights by ESA,European Space Agency

BILLION SUNS                 配給:五藤光学研究所             Ⓒ2015 All rights by ESA,European Space Agency

関連リンク